SAFETY VIDEO

飛行機に乗るたびに『墜ちる』という言葉が一瞬頭をよぎりませんか;?特に初めて乗るキャリアなんかはドキドキもドキドキで…。

そんなもしもの時のために必ず緊急時の脱出ビデオや実演があります。なかにはこんな個性的なビデオもあるようです。

気になったのが、このヴァージンアトランティックのVTR。
ラフタッチのアクの強いイラストで展開されるアニメーションで、個性的なキャラの乗客が『非常時にすべきこと、やってはいけないこと』をわかりやすく教えてくれます。

これなら子供から大人まで、常に高い興味をもって見ることができるし、言葉がわからなくても、誇張されたイラスト表現がさらに理解を促進してくれます。

興味を引く=見てみたい!と思わせる仕掛けをうまくVTRに取り込むことで、伝える内容や本質がこれまで通りでも、あらためて見てもらえたり記憶に残すことが出来るようになった好例じゃないかなと思いました。

一部のクレームを恐れるがあまり、前例が無いから、冒険的過ぎる、という理由をつけて『無難』なものを作り続けるのもリスクが少なく効率が良いかもしれないが、だからこそ『試み』も必要だし、失敗を含むような提案が必要だということを、あらためてこのVTRから感じました。

余談ですが、VTR以外にも客室乗務員がダンスミュージックにあわせて踊りながら説明する、というようなエンターテインメント要素を取り入れたものもあるようです。世界は広い。

Virgin America Safety Video